読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事・労務・給与・就業の「あ、そうなんだ」

仕事をしながら、「あ、そうなんだ」と思ったこと、あれこれ

残業月80時間ということを具体的にイメージできてますか?

最近、働き方改革とか長時間労働抑制の話題が注目を集めています。 なので、残業月100時間とか80時間とかの数字を目にする機会が増えました。 この数字は厚生労働省がだしている「過労死認定ライン」として有名です。つまり、突然死したときに、過労死だと判…

やりがい搾取って洗脳みたいなもの?

「やりがい搾取」という言葉を始めて聞いた時は、「やりがいを搾取する=やる気を奪う」ことだと勘違いしていました。 でも、実際の意味はまったく違いました。 金銭による報酬の代わりに“やりがい”という報酬を強く意識させて、不当に安い賃金や無償の長時…

勤務間インターバル規制は「命を救う」?

勤務間インターバル規制も最近、よく聞くようになった言葉です。 一言で言えば「終業時刻から次の始業時刻までの間隔の最短時間を規制で決める」ということです。 例えば、規制の時間が11時間だったら、前日に午後11時迄仕事をした従業員は、就業規則で定時…

働き方改革と少子高齢化とのつながり?

言葉自体は「働き方改革」と聞かない日はない位、広まってますよね。でも、「働き方改革」の言葉の意味の捉え方は、人によってバラツキがあるみたいです。 割と多いのが「長時間労働の抑制」の観点のみで語られるケースです。 確かに「長時間労働の抑制」は…

なんで今頃、同一労働同一賃金なのか?

最近、ニュースとかで「同一労働同一賃金」という言葉がよくでてきます。昔からある言葉なのに、なんで今頃、政府が検討して、ニュースなんかになってるんだろうと思って、自分なりに調べてみました。 もともとの同一労働同一賃金の考え方自体はシンプルです…

労務管理って言葉の基準が定まってない?

人事労務管理なんて、ブログのタイトルとかに気楽に使っていますが、実は「労務管理」という言葉は、結構ややこしかったりします。 意味が難しいとか、複雑だというややこしさではなく、基準が定まらないややこしさなんですけどね。ためしに、本やサイトで言…